ダメな探偵の浮気調査報告書この3つ|浮気調査ファイル 女性探偵の日記

弊社には、他のの探偵で調査して作成された浮気調査報告書が「裁判で全く役に立たなかった」と言って来社される方々がいらっしゃいます。

 

 実は、どこの探偵の浮気調査報告書と言っても【質】と言うものがあり、慰謝料請求などを含めた裁判はその質が何よりも大切です。

ダメな探偵の報告書はこの3つ2017.9.19.JPG

◇ダメな浮気調査報告書3つ

1・「誰と誰が浮気した」がはっきりとわからない。

 これは対象者に気づかれずに、誰が見ても対象者が浮気をしている事がわかるように、写真を撮るカメラ技術がない場合が多いです。

 

2・写真に時間が明記が無い

 「何月、何日、何時、何分」に誰が何をどこでという証明が出来ない。
いつの写真なのかわからないので、裁判などの場合は相手から指摘されます。

 

3・探偵が報告書の文章に主観を入れる

報告書の文章に「・・・と思う」、「・・・と推測される」など確認をしていない事に対して主観で記載すると裁判では使えません。


仮に裁判にするつもりがなく探偵に調査依頼したとしても、状況はいつ何時変わるかわかりません。

なので、完璧な証拠の資料をそろえ、備えておくのが良いでしょう。

探偵業は届出制です。

なので中には実力が無い探偵が沢山存在していています、要するに素人が調査しているのと同じなのです。

ですので、探偵選びをする場合は、裁判になった場合を考え、それを見越した証拠集めをしてくれると言う探偵業者を選ぶようにすると良いです。

 

◆良い探偵を見つける方法はこちら↓

失敗しない探偵の選び方

 

◆あすなろ法律事務所 國田武二郎弁護士に聞いて見た「良い調査と悪い調査」(動画)


 

 
口コミ・お客様の声はこちら.pngお客様直筆アンケートはこちら.png浮気・慰謝料解決事例はこちら.png浮気相談・解決事例はこちら.png
浮気調査料金はこちら.png浮気調査報告書はこちら.png他の探偵と弊社の違いはこちら.pngよくある質問についてはこちら.png
 
浮気調査はこちら.png海外浮気調査はこちら.png素行・行動調査はこちら.png行方不明・人探し調査はこちら.png
結婚調査はこちら.png男性が親権を取る調査はこちら.png母親による子供の連れ去りはこちら.png企業調査・社員調査はこちら.png
▲このページのトップに戻る