気を付けて!デタラメ探偵増殖中|東京探偵事務所ブログ

更新日:2022/8/30

気を付けて!デタラメ探偵増殖中!.jpg

私たちが頭を悩ませているのは【デタラメ探偵】の増殖です。
以前にもお伝えしたことがあったと思うのですが、素人探偵がとても多いんです。

このページでは注意してほしいデタラメ探偵を紹介します。

 

1・何でもできますと言う探偵

何でもできつと探偵に言われると「さすが探偵」とい思うでしょう。

しかし探偵は何でもできるわけではなく、探偵業としての制約があります。

下記の調査もできると言っている探偵は注意してください。

 

◆調査を受けてはいけない例

  • 別れさせる工作
  • 電話番号からの住所氏名の判明
  • 車のナンバープレートから所有者・使用者の情報収集
  • 住民票の徴求
などあります。

 

2・当社は警察の仕事をしていると言う探偵

これ意外と多いですが、警察が探偵に仕事を依頼することはありませんし、警察が探偵と手を組むことはありません。

なので「嘘」ですので気を付けてください。

 

3・慰謝料取ります・取ってきますと言う探偵

集客時にお客様に対して「慰謝料取りますや慰謝料取ってきます」と言っている探偵はとても多いです。

普通に考えれば「理に適った」話です。しかしこれは「非弁行為」と言って法律違反。

お客様に説明した時点で非弁合行為」になりますが、多くの探偵は法律を知らないためお客様に対して言っているようです。

もしこのような探偵に依頼して、本当に探偵が慰謝料請求をした場合「恐喝」で逮捕されますし、お客様にも何らかの被害があります。

 

4・調査員5名以上で調査しますと言う探偵

これは一番多いケースで、「証拠が取れなかった0円」とか「調査員1名1時間6,000円」とか掲載している探偵が当てはまります

実際契約に行くと「当社は5名体制で調査しますので5名分の費用が必要です」と説明されます。
 
一般的に行動調査や浮気調査は調査員2名で十分です。

なぜ5名で調査すると言うのかを説明します。   
5名分の調査費用を請求して実際は1名か2名で調査して3名分の費用をごまかすためです。

まとめ

またよくあるケースとしては、「他の探偵事務所にお願いしたら、その証拠は使い物にならないと弁護士に言われた!」「出来上がった証拠を、裁判でどう使ったらいいのかを相談したら裁判のことなんかわからないと言われてしまった」「絶対勝てると言われたのに負けた!」などがあります。

どのケースにも言えることですが、同じ探偵としてデタラメばっかり!と言う気持ちでいっぱいです。

どのお客様も大金を支払って私たちに依頼くださっています。

中には800万円も使ったのに証拠にならないと言われたお客様もいらっしゃいました。

ほんの少しでもプロとしての意識があればこんなことにはならないでしょう。

使い物にならない証拠は技術が足りない証拠、裁判が分からなければ勉強したらいい、裁判に絶対なんてないのだから念には念を入れて完璧すぎるほどの慎重さで挑むべきだ、そんな風に私たちは思います。

 

この記事を書いた人

ダウンロード (100.png主任 加藤正明

代表加藤なぎさと一緒に大手都市銀行の裁判資料用の調査と報告書を2万件以上作成しその資料で裁判を全勝に導いてきている実績有り。

そのノウハウを低料金で、一人でも多くの悩んでいる方の手助けになりたいと立ち上げた会社。

Facebook50.pngInstagram50.png

 

探偵の浮気調査なら銀座の東京探偵トップ

 
口コミ・お客様の声はこちら.pngお客様直筆アンケートはこちら.png浮気・慰謝料解決事例はこちら.png浮気相談・解決事例はこちら.png
浮気調査料金はこちら.png浮気調査報告書はこちら.png他の探偵と弊社の違いはこちら.pngよくある質問についてはこちら.png
 
浮気調査はこちら.png海外浮気調査はこちら.png素行・行動調査はこちら.png行方不明・人探し調査はこちら.png
結婚調査はこちら.png男性が親権を取る調査はこちら.png母親による子供の連れ去りはこちら.png企業調査・社員調査はこちら.png
▲このページのトップに戻る