調査費用300万円を無駄に、男性クライアント様の失敗談

調査費用300万円が無駄.jpg

先日来られた東京都内の男性クライアント様は調査費用300万円を無駄にしてしまいました。

私どもの事務所に来られる前に、別の大手有名探偵会社に調査依頼をしたそうです。

その探偵社は「裁判で絶対に勝てる!」「親権なんか楽勝で取れる!」そういったそうです。

そう聞いていたので、クライアント様は自信満々に、その探偵会社から受け取った調査報告所をもって、「奥様との離婚」「慰謝料請求」「子供の親権取得」のために弁護士事務所を訪れたそうです。


そこで弁護士に言われたのは・・・

「こんな証拠じゃ裁判に使えませんよ」

「親権は裁判で争うとなると男性は大変厳しいですね、まず難しいでしょう」

そんなセリフです。

私たち探偵は「絶対に裁判で勝てる」はお客様に言ってはいけない言葉。

それを言ったら法律違反(弁護士法違反)なんです。

裁判に絶対はありませんので、良心的な探偵はそんなこと言わないのです。


また、今の司法では、男性が裁判で親権を取るのは限りなく難しいため、親権獲得に関しては別のアプローチ方法を考えて行かないといけませんし、それでも子供の親権は取れるとは限らないのが普通です。

あまり、他社の調査報告書は、見たくなかったのですが、A様がどうしても見てほしいとおっしゃるので少しだけ拝見させていただきましたところ、A様が300万円も支払ったという調査報告書は、対象者の顔や浮気相手の顔も映っておらず、ピンボケの写真、ラブホテル方面に行く後ろ姿が一枚だけ、報告書の文章は子どもが書いたような幼稚な文書。


間違いなく、はずれの探偵事務所にあたったんだなと言う報告書でした。


A様は「最初の探偵選びに失敗して大金を使ってしまった、なので、次こそは絶対にまともな報告書がほしいんです」とおっしゃっていました。

 

 

探偵の浮気調査なら銀座の東京探偵トップ

 
口コミ・お客様の声はこちら.pngお客様直筆アンケートはこちら.png浮気・慰謝料解決事例はこちら.png浮気相談・解決事例はこちら.png
浮気調査料金はこちら.png浮気調査報告書はこちら.png他の探偵と弊社の違いはこちら.pngよくある質問についてはこちら.png
 
浮気調査はこちら.png海外浮気調査はこちら.png素行・行動調査はこちら.png行方不明・人探し調査はこちら.png
結婚調査はこちら.png男性が親権を取る調査はこちら.png母親による子供の連れ去りはこちら.png企業調査・社員調査はこちら.png
▲このページのトップに戻る