面会交流の厳しさ(東京探偵事務所)探偵ファイル 女性相談員の日記

 

面会交流の厳しさ

離婚し、相手に親権を取られた場合、面会交流権と言う事で子供と会う事が出来ます。加藤なぎさ 探偵.png

しかし、多くの方が勘違いしていらっしゃるようですが、これは面会したいという権利と言うだけで、確実に会わせてもらえる権利ではないのです。

私たちのところに相談に来られる男性で多いパターンは、何度子供に会いたいと申し入れても体調を理由に断られる、ドタキャンされるなどです。

つまり、相手が子どもに会わせたくないと思えば容易に断ることが可能なのです。

こういったパターンの多くは子どもを引き取った相手側に、後ろめたいことがあることが多いですね。

つまり、引き取れなかった側に知られてはならない秘密があるということ。

私たちに一番よくある相談のあるケースは、男性のクライアント様のケースで、いきなり離婚を突き付けられ、親権も取れなかった、その後子どもとも会わせてもらえないというので、子どもが元気かどうかを調べてほしいと言う事です。

ほとんどの場合、元奥様はすでに別の男性と生活中で、子供メインの生活ではなく、自分と男性の生活が中心、聞き込みによると、婚姻中から不倫をしていたということが発覚。

つまり、以前より不倫をしていたことを隠しておきたい、子どもにばらされたくないがために元夫に子どもを合わせないようにしていたということです。


このように、面会権があっても相手が子どもを隠そうとするとなかなか会うことができないという悲劇が日本中で起こっているのです。

 

面会交流が上手くできていない場合は、調べてみることも考えてみて下さい。

 

子供の面会交流、連れ去り問題の加藤なぎさ講演.jpg

子供の面会交流、連れ去り問題。

 

「面会交流の厳しさ」を読んでいただきありがとうございます。

東京探偵事務所

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。
  1. DVでっち上げと言う、許されないことが実際に起こっていることをご存知ですか?
  2. 今、日本では片方の親による子供の略取、または連れ去りが問題になっています。
  3. 家に帰ったら妻も子どももいなくなっていて、身に覚えのないDVによる離婚請求
  4. 父親が子供の親権を取る 
  5. 子供の面会交流、連れ去り問題。

 

トップページ


 
口コミ・お客様の声はこちら.pngお客様直筆アンケートはこちら.png浮気・慰謝料解決事例はこちら.png浮気相談・解決事例はこちら.png
浮気調査料金はこちら.png浮気調査報告書はこちら.png他の探偵と弊社の違いはこちら.pngよくある質問についてはこちら.png
 
浮気調査はこちら.png海外浮気調査はこちら.png素行・行動調査はこちら.png行方不明・人探し調査はこちら.png
結婚調査はこちら.png男性が親権を取る調査はこちら.png母親による子供の連れ去りはこちら.png企業調査・社員調査はこちら.png
▲このページのトップに戻る