でっち上げDV

更新日:2021/2/17

ある日、奥様が実家に戻り、夫からのDVという事で離婚及び、慰謝料請求がくる


でも、ご主人からすると身に覚えはない、おろおろしてしまっているうちに、ご主人の有責性(DV)で離婚されてしまうと言うもの。

子供がいる場合は、DVを理由に子供に会わせないと言われることもあるそうで、ご主人にとっては非常に理不尽そのものの話です。

 

これは実際にある「でっち上げDV」の話です。

でも、よく考えてみて下さい。

なぜ、奥様はでっち上げDVなどをする必要があるのでしょうか?

なぜ、子供に会わせないのでしょうか?

ご主人が本当に身に覚えがないと言う時は、そこを少し考えてみた方がいいかもしれません。

 

本当にDVを受けている人の多くは、とにかく逃げることが先で、慰謝料請求などは後回しになります。

養育費確保のためにも、子どもと会わせるでしょう。

父親と二人きりで会わせたくないのなら、裁判所なり、弁護士事務所なり、エフピックなど第三者を介して会わせることだって可能なのですから。

そのことから、「子供にしゃべってほしくないことがある=奥様に浮気相手がいる」と言う推測が可能になります。

 

◆奥様がでっち上げDVをする流れ

  1. 奥様は好きな相手ができる
  2. 離婚を考える
  3. 弁護士に相談するが、離婚理由が「浮気」では自分が有責配偶者になり離婚ができないため、「夫のDV」という事にして「夫を有責配偶者」にして離婚しようとDVをでっち上げる

 

実際に、こういうケースで調査を行った際に奥様の浮気発見と言うことも多いのです。


次は、 母親による子供の連れ去りで、父親が子供の親権を取る問題

 

 

探偵の浮気調査なら東京探偵トップ

 
口コミ・お客様の声はこちら.pngお客様直筆アンケートはこちら.png浮気・慰謝料解決事例はこちら.png浮気相談・解決事例はこちら.png
浮気調査料金はこちら.png浮気調査報告書はこちら.png他の探偵と弊社の違いはこちら.pngよくある質問についてはこちら.png
 
浮気調査はこちら.png海外浮気調査はこちら.png素行・行動調査はこちら.png行方不明・人探し調査はこちら.png
結婚調査はこちら.png男性が親権を取る調査はこちら.png母親による子供の連れ去りはこちら.png企業調査・社員調査はこちら.png
▲このページのトップに戻る