不倫現場ってこういうもの

不倫現場ってこういうもの.jpg

浮気の証拠といて必要なのは不貞行為があったという証明です。

でも、不貞行為そのものをとらえるのはとても難しいもの。


不貞行為と言うのは、要は性交渉ですから、その辺の草むらなどで性交渉をするか、行為中の写真を見つけるかしない限り、はっきりとした証拠は得られません。

ですので、不貞行為があったと予測されるものも含めて、【不貞行為の証拠】として取り扱われるのです。

例として、ラブホテルに男女で入り、数時間出てこなかった、これは一般的に性交渉があったととらえられるのが普通です。


しかし、一度きりですと、「相手の気分が良くなかった」「入ったけど何もしていない!」などと言う言い訳をしてくる人もいますので、数回、その様子を抑える必要があります。

同じように、相手の家に入って泊まることも不貞があったのでは?と推測されることになります。

また、他の要因と併せて不貞を推測されることもあり、その判断は裁判官次第となるので、報告書を作成するには、裁判の傾向を熟知しておく必要があるのです。

一つ一つは取るに足りない証拠であっても、合わせればある程度の証拠能力があることもありますので、もし、何かしらの証拠をつかむことができたのであれば、一度見せに来てくださいね。

 

探偵の浮気調査なら銀座の東京探偵トップ

 
口コミ・お客様の声はこちら.pngお客様直筆アンケートはこちら.png浮気・慰謝料解決事例はこちら.png浮気相談・解決事例はこちら.png
浮気調査料金はこちら.png浮気調査報告書はこちら.png他の探偵と弊社の違いはこちら.pngよくある質問についてはこちら.png
 
浮気調査はこちら.png海外浮気調査はこちら.png素行・行動調査はこちら.png行方不明・人探し調査はこちら.png
結婚調査はこちら.png男性が親権を取る調査はこちら.png母親による子供の連れ去りはこちら.png企業調査・社員調査はこちら.png
▲このページのトップに戻る