メールを浮気の証拠として使う方法

更新日:2021/5/20

メールを浮気の証拠として使う方法.jpg

浮気をメールで発見する人も多いと思います。

このページでは発見したメールを証拠として使用できる方法を教えます。

 

メールの内容の確認

メールの内容

メールの相手は異性なのか

メールの相手が「異性」であるのかが重要。

よく確認してください。

 

メールのやり取りは頻繁なのか

メールのやり取りが毎日あったり、「おはよう」や「おやすみ」なども重要。

 

メールに「愛してる」や「好き」は入っているか

メールのやり取りの中に「愛してる」「大好き」が入っていることも重要。

もしこの言葉が無いと浮気を証明できない可能性もあります。

 

メールに「ハートマーク」はあるのか

メールの内容に絵文字で「ハートマーク」があれば特に良い。

ただし社交辞令でハートマークを付けていることもあるため、メールの内容をよく確認してからの判断になります。

 

メールにホテルに行ったような内容はあるか

メールの内容の中に「今度ホテル行こう」「先日のホテル良かったね」があればとても有効。

 

メールにHな内容はあるか

メールの内容の中に「H良かったね」「Hの相性が合うね」「今度は〇〇プレイしようね」などがあれば有効。

 

メールの相手を特定できるのか

メールの相手の住所氏名はわかりますか。

メールでのやり取りで相手の特定ができていると有利になります。

 

メールの内容を写メする

メールの内容は写メして保存することが一番。

データで転送したりすると痕跡が残ってしう事もあり危険です。

 

まとめ

実際、メール単独だけだと浮気の証拠にはなりますが、慰謝料請求したい場合は難しい。

ただし何か他の証拠と併せれば、十分役に立つこともあります。
例えば、「メール内容と配偶者の行動に矛盾点があった場合」や「食事や買い物の領収書」「ラブホテルのメンバーカード」など。

古いメールがあれば、それだけ関係の継続性が証明されますし、既婚者であると認識していたかどうかがメールの文面に残っている場合もあります。

慰謝料請求裁判で有効視されるケースとして、メールが情報の補足としての意味を持っている場合があります。

 

 

浮気調査なら銀座の東京探偵事務所トップ

 
口コミ・お客様の声はこちら.pngお客様直筆アンケートはこちら.png浮気・慰謝料解決事例はこちら.png浮気相談・解決事例はこちら.png
浮気調査料金はこちら.png浮気調査報告書はこちら.png他の探偵と弊社の違いはこちら.pngよくある質問についてはこちら.png
 
浮気調査はこちら.png海外浮気調査はこちら.png素行・行動調査はこちら.png行方不明・人探し調査はこちら.png
結婚調査はこちら.png男性が親権を取る調査はこちら.png母親による子供の連れ去りはこちら.png企業調査・社員調査はこちら.png
▲このページのトップに戻る