公正証書を離婚時に作成しましょう

公正証書.jpg

離婚時には何かと、決め事が多くなります。

その中でも、養育費や慰謝料についての問題は、その後の生活にも響くことになりかねませんので、口約束では済ませず「公正証書」を作成する事をお勧めしています。

と言うのも、離婚後、その約束が守られるとは限らないからです。

 

離婚した友人から「元旦那から養育費がもらえない」と聞いたことはありませんか?

特に、養育費は支払われないケースが多く、もらえている方が奇跡と言っても良いくらいです。

 

◆公正証書とは

  • 公証人法に基づき、法務大臣に任命された公証人が作成する公文書
  • 「公正証書」は証明力があります。
  • 執行力を有しています。
  • 安全性や信頼性に優れています。


「離婚時の約束と違う!」「どうにかしてほしい!」と言う時に、この公正証書があれば、法律に基づいて公正証書通りにするよう、相手に要求することができますので、ぜひ作成しておいた方が良いでしょう。

ただ、法的な拘束力が伴う書類ですので、さすがに法外な要求は記載することはできません。あくまで、常識的な範囲内の約束となるでしょう。


公正証書は、素人が考えて作成するよりも、弁護士や行政書士が作成した方が、抜けなどがなくて安心です。

弊社で調査したお客様には、希望すれば弁護士の紹介をさせていただいております。

「離婚のときに公正証書を作っておくと便利!」を読んでいただきありがとうございます。
東京探偵事務所

 

探偵の浮気調査なら銀座の東京探偵トップ

 
口コミ・お客様の声はこちら.pngお客様直筆アンケートはこちら.png浮気・慰謝料解決事例はこちら.png浮気相談・解決事例はこちら.png
浮気調査料金はこちら.png浮気調査報告書はこちら.png他の探偵と弊社の違いはこちら.pngよくある質問についてはこちら.png
 
浮気調査はこちら.png海外浮気調査はこちら.png素行・行動調査はこちら.png行方不明・人探し調査はこちら.png
結婚調査はこちら.png男性が親権を取る調査はこちら.png母親による子供の連れ去りはこちら.png企業調査・社員調査はこちら.png
▲このページのトップに戻る