慰謝料請求に相手が応じないとき|慰謝料請求の為の調査は東京探偵事務所

慰謝料請求に相手が応じないとき

 

 まず、心構えとしては、相手があれこれ言い訳してくることも、弁護士を立ててくることも当然あることで、それを想定したうえで、慰謝料請求を行っていくことが大事です。

 

 決して、相手が応じないからあきらめる、とか、弁護士を立ててきたことに動揺しないようにしてください。

 

 一度ひるんだ態度を見せたり、相手の主張に応じてしまうと、そこから相手のペースで話が進んでしまいます。

 

 向こうが弁護士を立ててきたのなら、こちらも弁護士を立てればよいことですし、しっかりした根拠と理由の上に慰謝料を求めている以上、相手の理不尽な要求に応じるよりも、むしろ司法に判断を委ねるほうが賢明です。

 

imsage1.gif 

 一般的に、裁判というととても大変なことのように思われがちですが、不倫によって苦しみを受け、相応の慰謝料を請求することは、妻(夫)として正当な権利ですし、裁判というのは、その権利を守るために行うものですから、決して恐れることはないのです。

 

 ただもちろん、むやみと訴えればよいというものではないですし、戦う以上は、勝つための戦略が必要です。

 

 それは、単にこちら側の主張を訴えるとか、相手を追求するだけではなく、相手に対してどういうところを突いていくか、あるいは、相手が折り合いをつけてくるポイントはどこかといった、ある程度の読みの中で駆け引きもしながら、最終的にこちら側の流れを作って、裁判の判決として、相手に支払いを命じさせていくことが必要です。

 

 これはもちろん、弁護士の手腕がものをいうところですが、決して、弁護士が一人でできることではありません。

 

 まず、何よりもお客さまの強い意志があり、法の下で相手に慰謝料を請求できるだけの証拠、すなわち完璧な調査報告書があり、弁護士がそれを武器として、綿密に練られた戦略のもとで戦ってこそ可能になることです。

 

お客さまが慰謝料請求の裁判を起される際にも、全力で支援をさせていただきます、安心してご相談ください。


浮気調査なら銀座の東京探偵事務所トップ

 
口コミ・お客様の声はこちら.pngお客様直筆アンケートはこちら.png浮気・慰謝料解決事例はこちら.png浮気相談・解決事例はこちら.png
浮気調査料金はこちら.png浮気調査報告書はこちら.png他の探偵と弊社の違いはこちら.pngよくある質問についてはこちら.png
 
浮気調査はこちら.png海外浮気調査はこちら.png素行・行動調査はこちら.png行方不明・人探し調査はこちら.png
結婚調査はこちら.png男性が親権を取る調査はこちら.png母親による子供の連れ去りはこちら.png企業調査・社員調査はこちら.png
▲このページのトップに戻る