総合探偵社 浮気調査・身辺調査・人探し・子供連れ去り・裁判資料

〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目14番4号
東京メトロ日比谷線 銀座駅徒歩5分 東銀座駅徒歩1分
東京都公安委員会届出(第)30120216号

営業時間
ご相談24時間対応
調査24時間対応
面談AM9:00~PM9:00

離婚や慰謝料請求に強い弁護士選び

離婚や慰謝料請求に強い弁護士選び

弁護士とは「裁判」や「事件」などでよく裁判所でかっこよく相手を攻めているイメージがあります。

 

「弁護士は事件の時に必要な人なの?「弁護士はどんな仕事なの?」などについてこのページではお客様が浮気問題や一般生活において関係してくる離婚・慰謝料請求(民事事件)をメインにわかりやすく説明いたします。

 

弁護士とは

弁護士とは、依頼を受けて法律事務を処理することを職務とする専門職である。

依頼者に代わって代理人として相手と交渉できる権利を持っている人である。

 

弁護士の職務

民事
原告・被告等の訴訟代理人として主張や立証活動等を行う。
 
「離婚」・「慰謝料請求」・「交通事故」・「遺産相続」・「破産」・「民事再生」・「会社更生法」の申請などの法的倒産処理手続やこれに関連する管理業務などの法律事務や示談交渉、関連する法律相談も行う。
刑事
弁護人として被告人の無罪を主張し、あるいは適切な量刑が得られるように、検察官と争う。
 

民事業務の分類

  • 家事問題(離婚・慰謝料請求・相続など)
  • 消費問題(借金・破産など)
  • 労働問題(サービス残業・不当解雇など)
  • 企業法務(M&A・知的財産・民事再生など)

次の場合は弁護士に依頼しよう

下記の場合は弁護士に依頼すると解決できます。

 

目的編

  • 慰謝料を請求したい
  • 有利な条件で離婚がしたい
  • 有利な条件での離婚と慰謝料請求したい
  • 大ごとにすることなく示談交渉したい
  • 子供の親権がほしい

相手編

  • 相手は口が上手い
  • 相手と話し合いにならない
  • 相手と考えが合わない
  • 相手は高圧的
  • 相手は嘘つき

離婚や慰謝料請求に強い弁護士を選び方

専門性の選択

「離婚」「慰謝料請求」をメインにしている弁護士に相談する

「離婚」「慰謝料請求」をメインに扱っている弁護士は、「離婚」「慰謝料請求」についてのノウハウがあります。

また、ご依頼者様の気持ちを理解して対応する弁護士が多いです。

 

「過払い金」「交通事故」をメインにしている弁護士に相談しない

「過払い金」「交通事故」をメインにしている弁護士は、「離婚」「慰謝料請求」について専門的ではない場合が多いです。

 

TVやラジオで宣伝広告をしている弁護士に相談しない

テレビやラジオで宣伝広告している弁護士(弁護士事務所)は、口コミや紹介でご依頼者様が依頼することがないため広告を出しており、専門的ではない場合が多い。

 

ネットで宣伝広告をしている弁護士に相談しない

ネットで宣伝広告している弁護士(弁護士事務所)は、口コミや紹介でご依頼者様が依頼することがないため広告を出しており、専門的ではない場合が多い。

 

弁護士と相談時

  • 気持ちを理解してもらえるか確認する
  • 意思の疎通ができるか確認する
  • 弁護士は最低3名に相談する

離婚や慰謝料請求に強い弁護士の特徴

一般的な特徴

  • ヒヤリングに時間をかける
  • 相手に提出する文章の構成がまとまっている
  • 打ち合わせをたくさん行う
  • 依頼者の将来の事も考えている

裁判においての特徴

  • 裁判で勝つことが多い
  • 勝ちにこだわるのではなく勝ち方にこだわっている
  • 裁判官の心理も考えている

法テラスについて

法テラスとは、「借金」「離婚」「相続」など、さまざまな法的トラブルを抱えてしまったとき、「だれに相談すればいいの?」、「どんな解決方法があるの?」など、わからないことに対して問題解決への「案内」をする。

更に裁判を起こしたいが資金がない方のために弁護士費用の建て替えをするのが「法テラス」です。

*法テラスは、元々「法律扶助協会」という名称でした。

 

法テラスのメリット
  • 法律相談が無料でできる
  • 弁護士を紹介してもらえる
  • 弁護士費用の立替えをしてもらえる
法テラスのデメリット
  • 専門性の高い弁護士に相談できるとは限らない
  • 高所得の人は立替え制度が利用できない

弁護士と司法書士と行政書士の違い

弁護士とは
弁護士とは、依頼を受けて法律事務を処理することを職務とする専門職である。
 
依頼者に代わって代理人として相手と交渉できる権利を持っている人である。
 
司法書士とは
専門的な法律の知識に基づき、個人や企業からの依頼で法律に関連する書類の作成や手続きを代行することです。
 
メインの業務は不動産登記や商業登記などの登記業務となります。
 
簡易裁判所にて取り扱うことができる140万円までの民事訴訟、訴え提起前の和解、支払督促、証拠保全、民事保全、民事調停、少額訴訟債権執行、裁判外の和解、仲裁、筆界特定についても代理ができます。
 
行政書士とは
行政書士法に基づく国家資格で、官公署(役所・役場)に提出する許可・認可に関する書類を代理作成することです。
 
飲食店の営業許可や、建設会社の建築許可など各種手続きや申請の業務になります。
 
 

離婚や慰謝料請求にて扱える内容の違い

  弁護士 司法書士 行政書士
慰謝料請求交渉
慰謝料請求裁判
離婚交渉
離婚裁判

△:特定の条件あり

行政書士が慰謝料請求や離婚案件を取り扱っている場合もありますが、あくまでもご依頼者様名義での書類作成になるためトラブルが発生した場合には弁護士が必要になります。


離婚や慰謝料請求に強い弁護士とは

第1章 強い弁護士とは何か?

強い弁護士は、離婚や慰謝料請求などの法的問題に対して高い専門知識と豊富な経験を持ち、クライアントの権利と利益を最大限に守るために活動する法律の専門家です。彼らは法的手続きや問題解決において的確なアドバイスを提供し、クライアントの心配やストレスを軽減する役割を果たします。

 

第2章 専門知識と経験の重要性

離婚や慰謝料請求といった法的問題は複雑で、一般の人々には理解しにくい部分が多いです。強い弁護士は、これらの分野に精通しており、法律の細かい点や関連する規則に精通しています。また、豊富な経験を通じて培った知見と洞察力を活かして、クライアントのケースに最適な解決策を提供します。

 

1:強い弁護士の役割と重要性

離婚や慰謝料請求は、感情的にも複雑で困難な問題です。このような法的手続きでは、強い弁護士の存在が不可欠です。強い弁護士は、クライアントの権益を守り、最適な結果を導くために、専門知識と経験を活かして効果的なアプローチを提供します。

 

2:離婚や慰謝料請求に関する専門知識の重要性

民法の知識: 離婚や慰謝料請求には、家族法に関する深い知識が必要です。民法は、婚姻関係や親子関係、財産分与などに関する法律です。強い弁護士は家族法に精通しており、クライアントの権益を法的に守るための適切な手続きを理解しています。

 

証拠の収集と分析: 離婚や慰謝料請求では、証拠が重要な要素となります。強い弁護士は適切な証拠を収集し、それを的確に分析してクライアントの主張を裏付けます。証拠の適切な取り扱いが成功への鍵となります。

 

法律の最新情報: 法律は常に変化しています。強い弁護士は最新の法律や判例に対応するために、継続的な学習を行い、専門知識を更新しています。新しい法律や判例の理解が、クライアントにとって有利な結果を導くことがあります。

 

3:離婚や慰謝料請求に関する経験の重要性

ケースの理解と対応: 強い弁護士は過去の経験を通じて、さまざまなケースに対応してきた経験を持っています。これにより、クライアントのケースを理解し、適切な戦略を立案することができます。経験に裏打ちされたアプローチは、クライアントにとって有益な結果を生み出すでしょう。

 

交渉力の発揮: 離婚や慰謝料請求は、裁判所で争われるケースだけでなく、和解によって解決されるケースもあります。強い弁護士は豊富な経験を通じて培った交渉力を発揮し、クライアントの利益を最大限に守ります。

 

リーガルサポート: 離婚や慰謝料請求は法的手続きが複雑なため、クライアントは数多くの書類を提出する必要があります。強い弁護士はクライアントをリーガルサポートし、適切な書類の作成や手続きを行います。

 

結論

離婚や慰謝料請求に強い弁護士の専門知識と経験は、クライアントのケースを的確に理解し、最適な結果を導くために不可欠です。家族法の知識、証拠の収集と分析、最新の法律情報に対応する専門知識と、ケースの理解と対応、交渉力の発揮、リーガルサポートを提供する経験が強い弁護士の特徴として挙げられます。初心者でも理解しやすい内容であり、離婚や慰謝料請求を考える際には、強い弁護士のサポートを受けることが重要です。

 

 

第3章 適切な戦略の立案

強い弁護士は、クライアントのケースに応じて適切な戦略を立案します。一般的に、離婚や慰謝料請求のケースでは異なる要素が絡み合い、個別の事情によって解決策が異なります。強い弁護士は事実を詳細に把握し、クライアントの目標に合わせて戦略を立てることで、最良の結果を得るための道筋を描きます。

 

1:戦略の立案と重要性

離婚や慰謝料請求の手続きは、感情的にも複雑で困難なものです。そのため、強い弁護士は適切な戦略を立案し、クライアントの権益を守り、最適な結果を導く必要があります。戦略の立案は、ケースの特性やクライアントの目標に合わせて柔軟に行われます。

 

2:戦略の立案におけるステップ

強い弁護士が適切な戦略を立案するためには、以下のステップが重要です

クライアントのカウンセリング: 最初に、弁護士はクライアントとのカウンセリングを行います。クライアントの要望や目標、感情的な要因を把握することが重要です。その上で、クライアントにとって最善の戦略を見つけるために意見交換が行われます。

 

ケースの詳細な分析: 弁護士はケースを詳細に分析し、問題点や強みを明確に把握します。離婚や慰謝料請求の要素を理解し、クライアントの利益を守るために必要な情報を収集します。

 

目標の明確化: 弁護士はクライアントとともに目標を明確化します。離婚の場合は、財産分与や親権などの問題があります。慰謝料請求の場合は、適切な賠償を受けることが目標です。クライアントの希望と合理的な目標を設定します。

 

証拠の収集と分析: 強い弁護士は証拠を重要な要素として扱います。クライアントの主張を裏付けるために、医療記録や写真、目撃者の証言などの証拠を収集し、それを的確に分析します。

 

和解の検討: 離婚や慰謝料請求の場合、和解による解決が望ましい場合もあります。強い弁護士は相手方との交渉に臨み、クライアントの利益を最大限に守るための交渉力を発揮します。

 

裁判に備える: もし和解が成立しない場合は、裁判が必要となることがあります。強い弁護士は裁判に備えて適切な法的文書の作成や弁護活動を行います。

 

3:戦略の柔軟性と進捗管理

強い弁護士は戦略を立案する際に、クライアントの要望や進捗状況に応じて柔軟に対応します。事件が進むにつれて状況が変化することがありますので、戦略の見直しや修正が必要な場合もあります。進捗管理を行い、クライアントに適切な情報を提供することが大切です。

 

4:経験と専門知識の重要性

戦略の立案には、弁護士の経験と専門知識が欠かせません。家族法や民事訴訟に関する深い知識が必要であり、これらの分野に豊富な経験を持つ弁護士は、クライアントの利益を最大限に守るために適切な戦略を立案することができます。

 

結論

離婚や慰謝料請求に強い弁護士は、クライアントの目標を理解し、適切な戦略を立案することが重要です。クライアントとのカウンセリングやケースの詳細な分析、目標の明確化、証拠の収集と分析、和解の検討、裁判に備える姿勢などが、適切な戦略の立案に重要な要素となります。経験と専門知識に裏打ちされた強い弁護士のサポートを受けることで、離婚や慰謝料請求の問題に対処し、公正な結果を得ることができるでしょう。初心者でも理解しやすい内容を考慮した弁護士選びが重要です。

 

 

第4章 交渉力の重要性

 

離婚や慰謝料請求のケースでは、交渉が必要となります。クライアントと相手方との間での話し合いによって、解決策を見つけることが求められます。強い弁護士は交渉スキルに優れ、クライアントの権益を最大限に守るために交渉をリードします。的確なコミュニケーションと戦略的な交渉手法によって、クライアントに有利な条件を引き出すことができます。

 

1:交渉力の役割と重要性

離婚や慰謝料請求において、強い弁護士の交渉力は非常に重要です。法的手続きは時間とコストがかかる上、感情的にも大きな負担がかかることがあります。交渉力を持つ弁護士は、和解による解決を促進し、クライアントの利益を最大限に守るために貢献します。

 

2:交渉力の意義と具体的な要素

円滑な解決の促進: 強い弁護士は、感情的な対立を抑え、相手方と円滑なコミュニケーションを築きます。交渉力を駆使して、クライアントの要求を相手方に理解させ、合理的な解決を促進します。

 

費用と時間の節約: 裁判手続きは長期化し、高額な費用がかかる場合があります。強い交渉力を持つ弁護士は、裁判所で争わずに和解による解決を図ることで、クライアントの負担を軽減し、時間と費用を節約します。

 

妥協とバランスの取れた解決: 強い弁護士は、クライアントの要求と相手方の利益のバランスを考慮し、妥協点を見つけます。感情的な対立により公平な解決が妨げられることがあるため、交渉力によって妥協点を見つけ出すことが重要です。

 

3:交渉力の養成要素

法的知識と経験: 強い交渉力を持つ弁護士は、家族法や民事訴訟に関する法的知識を深く理解しています。これにより、相手方の主張を的確に把握し、適切な対応を行います。

 

コミュニケーションスキル: 弁護士は、相手方とのコミュニケーションを円滑に進めるためのスキルを持っています。相手方の立場や感情を理解し、効果的なコミュニケーションを行うことが交渉力の向上につながります。

 

戦略的思考: 強い交渉力を持つ弁護士は、事前に交渉戦略を立案し、目標を明確に設定します。相手方の反応を予測し、柔軟に対応するために戦略的思考が重要です。

 

4:交渉力の具体的な活用例

慰謝料請求の金額交渉: 慰謝料請求では、相手方が支払うべき適切な金額を交渉することが重要です。強い弁護士は、クライアントの精神的苦痛や損失を適切に評価し、公正な慰謝料を求める交渉を行います。

 

親権と面会交渉: 離婚において、子供の親権や面会交渉は感情的な問題が絡むことがあります。強い交渉力を持つ弁護士は、子供の福祉を最優先に考え、親権や面会交渉についての妥協点を見つけ出します。

 

財産分与の交渉: 離婚では、財産分与が争点となることがあります。強い弁護士は公正な財産分与を求めるために相手方との交渉を行い、クライアントの利益を守ります。

 

結論

離婚や慰謝料請求において、強い弁護士の交渉力はクライアントの利益を最大限に守り、円滑な解決を促進するために不可欠です。円滑な解決によって費用と時間を節約し、感情的な負担を軽減することができます。法的知識、コミュニケーションスキル、戦略的思考などが交渉力の養成要素として挙げられます。強い交渉力を持つ弁護士のサポートを受けることで、離婚や慰謝料請求の問題に対処し、公正な結果を得ることができます。

 

第5章 感情との適切な取り扱い

離婚や慰謝料請求のケースでは、感情的な要素が強く関与することがあります。クライアントが感情的に不安定な場合でも、強い弁護士は冷静で客観的な立場を保ちます。感情に左右されることなく、法律的な観点から最善のアドバイスを提供し、クライアントの利益を最優先に考えます。

 

1:弁護士と感情の関係

離婚や慰謝料請求は、当事者にとって感情的な問題であり、その対応には高い感受性が求められます。弁護士もまた、クライアントの感情と向き合い、適切に取り扱う必要があります。感情に敏感であることは、弁護士の理解力と同情心を向上させる一方で、冷静な判断を行うための課題でもあります。

 

2:感情の影響と適切な取り扱い

理解と共感: 弁護士はクライアントの感情に対して理解を示し、共感することが重要です。感情的な問題に対処する際には、クライアントの気持ちを真摯に受け止め、その感情に寄り添うことが必要です。

 

冷静な判断: 弁護士は感情的な状況に巻き込まれず、冷静な判断を行うことが重要です。感情に流されずに客観的にケースを評価し、クライアントに最適なアドバイスを提供します。

 

プライバシーの尊重: 弁護士はクライアントのプライバシーを尊重し、感情的な事情を厳守します。クライアントが感情を吐露したり、プライベートな話題を共有したりした場合には、その情報を外部に漏らさないように注意します。

 

3:感情による判断の防止

客観的なアドバイス: 弁護士は感情的な影響を最小限に抑え、客観的なアドバイスを提供します。クライアントの感情に惑わされず、法的な観点から適切な判断を示すことが重要です。

 

適切なコミュニケーション: 弁護士はクライアントとのコミュニケーションを大切にし、感情的な対立を回避するために適切な言葉遣いと態度を持ちます。クライアントの感情をさらなる混乱に拍車をかけることのないように注意します。

 

客観的な証拠の評価: 弁護士は感情的な主張だけでなく、客観的な証拠を重視します。感情に基づく主張は、裁判所での説得力を持たないことがあるため、客観的な証拠に基づいた戦略の立案が必要です。

 

4:感情とクライアントのサポート

感情的なサポート: 弁護士はクライアントに対して感情的なサポートを提供します。感情的な問題に直面するクライアントは、理解されることが重要です。感情的な面倒見が良く、安心感を与えることでクライアントの負担を軽減できます。

 

親身な対応: 弁護士はクライアントに対して親身になり、相談に応じる姿勢を持ちます。感情的な問題は長期化することがあるため、クライアントとの信頼関係を築くことが大切です。

 

結論

離婚や慰謝料請求に強い弁護士は、クライアントの感情と適切に向き合い、感情的な要素を適切に取り扱うスキルを持っています。感情に対して理解と共感を示し、冷静な判断を行うことが重要です。プライバシーの尊重や客観的なアドバイスの提供、適切なコミュニケーションが感情との適切な取り扱いに役立ちます。感情的なサポートと親身な対応は、クライアントとの信頼関係を築くうえで重要です。強い弁護士のサポートによって、クライアントは感情的な問題に適切に対処し、公正な結果を得ることができるでしょう。初心者でも理解しやすい内容で、感情との適切な取り扱いが弁護士選びにおいて重要な要素である。

 

第6章 裁判準備とリーガルサポート

もし対立が解決しない場合や裁判が必要な場合、強い弁護士はクライアントを裁判準備に備えさせます。適切な法的文書の作成や証拠の収集、裁判における弁護活動など、クライアントを全面的にサポートします。強い弁護士の存在は、裁判での戦いにおいてクライアントに自信を与える重要な要素となります。

 

1:裁判準備の重要性

離婚や慰謝料請求において、裁判準備はクライアントの権益を守るために非常に重要です。裁判所での証拠提出や弁論での主張は、ケースの結果に大きな影響を与えることがあります。強い弁護士は裁判準備を丁寧に行い、クライアントに有利な展開を追求します。

 

2:裁判準備の具体的な要素

証拠の収集と分析: 弁護士はケースに必要な証拠を収集し、それを的確に分析します。医療記録や写真、目撃者の証言など、証拠を裁判所で有効に活用するための準備が重要です。

 

法的文書の作成: 弁護士は裁判準備として、法的文書の作成を行います。訴状や反訴状、意見陳述書などの文書は正確で適切に作成される必要があります。

 

弁論の準備: 裁判所での弁論に備えて、弁護士はクライアントの主張や要求を明確に理解し、裁判所に対して説得力のある主張を準備します。

 

3:リーガルサポートの役割

情報提供とアドバイス: 強い弁護士はクライアントに対して適切な情報を提供し、法的なアドバイスを行います。裁判手続きや法律上の権利・義務について、分かりやすく解説し、クライアントが自分の権益を理解するのをサポートします。

 

クライアントの代理人として: 弁護士は裁判所や相手方とのやりとりにおいて、クライアントの代理人として行動します。クライアントを代表し、クライアントの権益を最大限に守るために積極的に行動します。

 

交渉と和解の支援: 弁護士はクライアントと相手方との間で交渉を行い、和解の達成に向けて努力します。裁判手続きを回避することで、クライアントの負担を軽減し、迅速な解決を目指します。

 

4:リーガルサポートの具体的な方法

打ち合わせと相談: 弁護士はクライアントとの打ち合わせや相談を大切にし、クライアントの要望を理解し、ケースに対する具体的な戦略を共有します。

 

法的文書の作成と提出: 弁護士はケースに必要な法的文書の作成を行い、裁判所に提出します。正確で適切な文書作成により、裁判手続きの円滑化を図ります。

 

交渉と和解の試み: 弁護士はクライアントの要望に基づいて、相手方との交渉を行います。公平な和解を目指し、クライアントの利益を守るために交渉力を発揮します。

 

結論

離婚や慰謝料請求に強い弁護士は、裁判準備とリーガルサポートを通じてクライアントの権益を守ります。証拠の収集と分析、法的文書の作成、弁論の準備など、裁判準備はケースの成否に大きな影響を与えます。リーガルサポートでは、クライアントに適切な情報を提供し、クライアントの代理人として行動することが重要です。交渉力を発揮し、和解の達成に努めることで、クライアントの負担を軽減します。初心者でも理解しやすい内容で、裁判準備とリーガルサポートの重要性が弁護士選びにおいて重要な要素である。


まとめ

弊社は、元裁判資料専門という事もあり大変多くの裁判を見てきました。

その中でも優秀な弁護士はたとえ相手方であっても気持ちが良い争い方を行います。

みなさんは、弁護士はみんな同じだろうと思うかもしてませんが、それはは間違いです。

弁護士選びで勝敗がまったく変わってきます。

弁護士には得意分野があり、離婚やそれに伴う慰謝料などについては民事事件や家庭問題に特化した弁護士を雇う方が勝率が格段に上がります。

また、経験豊富な弁護士は、担当裁判官の過去の判例を見ながら、重要視されるであろう証言や証拠の傾向を考え、その裁判官にあった切り口で裁判を進めてくれることもあります。

結果、「有利な離婚ができた」「相場より高い慰謝料が取れた」など本当の意味で問題解決ができます。

 

東京探偵事務所

住所

〒104-0061
東京都中央区銀座4丁目14番4号

アクセス

東京メトロ 銀座駅徒歩5分 
東銀座駅徒歩1分

営業時間
相談 24時間
調査 24時間
面談 10:00~21:00

弁護士の先生へ

東京探偵事務所は調査技術、撮影技術には絶対の自信があり、これまでも多くの裁判資料の為の調査を承っています。
調査報告書については、相手側より「指摘されない報告書」を作成。


調査が必要な場合が御座いましたら、お客様に負担が少なくなるよう低料金にて対応。

 
ご検討をお願い致します。