浮気を知った時ににやってしまう失敗ランキング|東京探偵事務所ブログ

記事公開日:2017.5.28  記事更新日:2022:6.19

浮気を知ったばかりの頃にやってしまう失敗の代表例2017.5.28.jpg

ご主人や奥様の浮気を知った時やってします失敗を紹介します

 

1位 問い詰めて失敗

1位は、浮気したご主人や奥様を問い詰めたら失敗したです。

浮気を知った時にパートナーに対して「あなた浮気したでしょ!」と言って問い詰めたくなる気持ちはわかります。

しかし問い詰めるだけでは、浮気したパートナーは謝ってきません、「言い訳を言ったり」「逆キレしたり」して益々夫婦関係が悪くなって行くことが多いようです。

 

2位 スマートフォンを確認して失敗

2位は、スマートフォンのLINEなどを確認しようとして、見たことがバレるです。

浮気している人は、スマートフォンをロックしています。

そのロックを外そうとパスワードを何度も入力したりすることで「指紋」が残ったり、仮にロックが外せた場合でも浮気している人は雰囲気でわかってしまいます。

 

3位 自分で調査して失敗

3位は、ご主人や奥様の浮気の現場の証拠を押さえようと自分で調査した結果、調査現場で発見されるという事。

探偵を使わずに自分で尾行したり、張り込みしたりして、証拠を押さえたい気持ちはわかりますが、バレたら収拾がつかなくなります

 

4位 GPSを取り付けて失敗

4位は、GPSを取り付けて失敗。 GPSを取り付けて行動が確認できれば「証拠になる」と思いやってしまう人が多いです。 しかしGPSは承諾なしで取り付けた場合、ストーカー規制法により警察に捕まるリスクがあります。

 

まとめ

浮気を知ったばかりの頃にやってしまいがちですが、絶対にいけません。

ますます浮気相手にはまってしまったり、証拠隠滅されたり、逆切れされたりと非常にこちらにまずいことになる可能性が高いからです。

とりあえず、心はパニックでも、浮気に気づいたことを相手に知られないよう、平静を装い、これからを考えるのです。

そして、とにかく、何をおいても浮気の証拠集めをすること。

相手が言い逃れのできないようにしておくこと。離婚しようと思っても思わなくても、これが大事です。

ゆっくり淡々と証拠を集めていくと少しづつ冷静になれてきます。

その間に、”これからの事を考えていく”と良いでしょう。

やり直すか離婚するか。

浮気をされてもこの人と一緒にいたい、と思う人は、どんな証拠を見ても離婚を躊躇します。

逆に、冷静になった時でもこんなこと(浮気)をする奴とはやって行けないと言う思いが強くなる人もいます。

パニックになっている時は、あなたの本当の心はあなた自身にも判りませんので、少しづつ現実を見ながらゆっくりと考えるのが一番ベストなのです。

 

この記事を書いた人

ダウンロード (100.png主任 加藤正明

代表加藤なぎさと一緒に大手都市銀行の裁判資料用の調査と報告書を2万件以上作成しその資料で裁判を全勝に導いてきている実績有り。

そのノウハウを低料金で、一人でも多くの悩んでいる方の手助けになりたいと立ち上げた会社。

Facebook50.pngInstagram50.png

浮気調査なら銀座の東京探偵事務所トップ

 
口コミ・お客様の声はこちら.pngお客様直筆アンケートはこちら.png浮気・慰謝料解決事例はこちら.png浮気相談・解決事例はこちら.png
浮気調査料金はこちら.png浮気調査報告書はこちら.png他の探偵と弊社の違いはこちら.pngよくある質問についてはこちら.png
 
浮気調査はこちら.png海外浮気調査はこちら.png素行・行動調査はこちら.png行方不明・人探し調査はこちら.png
結婚調査はこちら.png男性が親権を取る調査はこちら.png母親による子供の連れ去りはこちら.png企業調査・社員調査はこちら.png
▲このページのトップに戻る