総合探偵社 浮気調査・身辺調査・人探し・子供連れ去り・裁判資料

〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目14番4号
東京メトロ日比谷線 銀座駅徒歩5分 東銀座駅徒歩1分
東京都公安委員会届出(第)30120216号

営業時間
ご相談24時間対応
調査24時間対応
面談AM9:00~PM9:00

浮気を知った時ににやってしまう失敗

浮気を知った時ににやってしまう失敗例

浮気を知った時ににやってしまう失敗例

ここでは浮気を知った時ににやってしまう失敗の例について紹介します。

 

相手を問い詰めて失敗

浮気を知った時にパートナーに対して「あなた浮気したでしょ!」と言って問い詰めたくなる気持ちはわかります。

浮気を知った時ににやってしまう失敗の一つは、相手を問い詰めてしまうことです。

浮気をしたパートナーに対して、自分の気持ちや不満をぶつけたいと思うのは当然ですが、それは逆効果になることが多いのです。

 

なぜなら、問い詰めることで、浮気をしたパートナーは自分を正当化しようとしたり、責任を回避しようとしたりするからです。

また、問い詰めることで、浮気相手との関係が強化されたり、離婚を決意したりする可能性もあります。

 

ですから、浮気を知った時には、冷静になって相手の言動や証拠を観察しましょう。

 

スマートフォンを確認して失敗

スマートフォンのLINEなどを確認しようとして、見たことがバレる。

浮気を疑っているパートナーのスマートフォンを覗き見ようとするのは、よくある行動です。

しかし、それは大きな失敗につながる可能性があります。なぜなら、スマートフォンは浮気者の秘密の宝箱であり、それを開けようとすると、相手に気づかれてしまうからです。

 

スマートフォンには、LINEやメールなどのコミュニケーションアプリだけでなく、写真や動画、履歴や位置情報などのデータも保存されています。

これらは浮気の証拠になる可能性が高いですが、同時に相手にバレるリスクも高いです。

 

例えば、スマートフォンにロックがかかっている場合、パスワードを何度も試しても解除できないばかりか、画面に指紋が残ってしまいます。

また、ロックが解除できたとしても、アプリを開いたり閉じたりすることで、相手に操作したことがわかってしまいます。さ

らに、相手が通知設定をしている場合、メッセージや着信が来た時に画面に表示されてしまいます。

 

これらのことから、スマートフォンを確認することは、浮気を知るどころか、相手に疑われてしまう可能性が高いです。

その結果、相手はより注意深くなり、浮気の証拠を隠したり消したりするでしょう。

また、相手はあなたに不信感や不満を抱き、関係が悪化する可能性もあります。

 

ですから、スマートフォンを確認することはおすすめできません。

 

自分で調査して失敗

自分で調査して失敗する例は多くあります。

例えば、尾行中に相手に気づかれてしまったり、張り込み場所がバレてしまったり、証拠写真を撮ろうとした瞬間に目が合ってしまったりなどです。

これらの場合、相手は浮気を疑われていることに気づき、より注意深くなったり、証拠隠滅を図ったりする可能性が高くなります。

 

また、自分で調査することは相手に対する不信感や怒りを募らせることにもなります。

その結果、感情的になって相手との関係を悪化させたり、暴力的な行動に走ったりする危険性もあります。

自分で調査することは浮気問題の解決には逆効果です。

 

 

GPSを取り付けて失敗

GPSを取り付けて失敗というのは、浮気を知った時ににやってしまう失敗の一つです。

浮気相手の行動を追跡するために、パートナーの車やバッグにGPSを仕掛けるという方法を考える人もいるでしょう。

しかし、これは大きなリスクを伴います。

 

なぜなら、GPSを承諾なしで取り付けることは、ストーカー規制法に違反する可能性があるからです。

ストーカー規制法では、相手の意思に反して行動を監視することは禁止されています。

もし発覚した場合、罰金や懲役に処せられることもあります。

またGPSのデータだけでは、浮気の証拠としては不十分であり、法的にも認められません。

ですから、GPSを取り付けることはおすすめできません。

 

浮気を知った時ににやってしまう失敗の理由

ここでは浮気を知った時ににやってしまう失敗の影響と対処法について紹介します。

 

感情的になって冷静さを失う

感情的になって冷静さを失うと、浮気を知った時ににやってしまう失敗の一つです。

浮気を知った時には、ショックや怒り、悲しみなどの様々な感情が湧き上がりますが、そのまま相手にぶつけると、問題を解決するどころか、さらに悪化させる可能性があります。

感情的になると、相手の言い分を聞く余裕がなくなり、自分の思い込みや偏見で判断してしまうことが多くなります。

また、感情的になると、言動が乱暴になったり、暴力をふるったりする危険性もあります。

 

これらの行為は、相手に反感や恐怖を抱かせるだけでなく、法的なトラブルにも巻き込まれる可能性があります。

したがって、浮気を知った時には、感情的にならずに冷静さを保つことが大切です。

冷静さを保つためには、一旦距離を置いたり、第三者の意見を聞いたりすることが有効です。

冷静さを保つことで、浮気の原因や解決策を客観的に考えることができますし、相手とのコミュニケーションもスムーズになります。

 

自分の正義感やプライドが傷つく 

浮気を知った時ににやってしまう失敗の理由の一つは、自分の正義感やプライドが傷つくからです。

浮気されたことで、自分は相手に愛されていないと感じたり、自分の価値が下がったと思ったりします。

そのような感情は、自分の自尊心を守ろうとする反応ですが、逆に自分を苦しめることになります。

浮気された相手に対して、怒りや憎しみをぶつけたり、復讐を考えたりすることは、自分の正義感やプライドを満足させるかもしれませんが、それは本当の解決にはなりません。

 

浮気を知った時ににやってしまう失敗を避けるためには、自分の正義感やプライドを傷つけることではなく、自分の幸せを優先することが大切です。

浮気された相手とどうするかは、自分の気持ちや状況によって異なりますが、どちらにしても、自分の心の平和を取り戻すことが最終的な目標です。

 

相手に復讐したいという欲求が強くなる 

浮気を知った時ににやってしまう失敗の理由の一つとして、相手に復讐したいという欲求が強くなることが挙げられます。

浮気されたことで自分のプライドや信頼が傷つき、相手に対して怒りや憎しみを抱くようになります。

その結果、相手にも同じように苦しんでほしいと思い、復讐を企てることがあります。

 

しかし、復讐は浮気の問題を解決するものではありません。

むしろ、関係をさらに悪化させる可能性が高く、自分自身も精神的に消耗してしまいます。

 

復讐は一時的な感情のはけ口に過ぎず、長期的な幸せにはつながりません。

浮気を知った時には、冷静になって相手と話し合うことが大切です。

復讐ではなく、解決策を探すことが浮気の失敗を回避する方法です。

 

相手に対する愛情や執着が残っている 

浮気を知った時ににやってしまう失敗の理由の一つは、相手に対する愛情や執着が残っているからです。

浮気されたことで、相手の存在や価値を再認識し、自分の気持ちを確かめたくなるのです。

しかし、このような感情は、相手に対する信頼や尊敬が崩れていることを意味します。

 

相手に対して不満や怒りを感じながらも、別れることができないのは、自分の心の中に矛盾があるからです。

この状態で相手と向き合うと、感情的になりやすく、冷静な判断ができません。

また、相手も自分の気持ちを利用して、浮気を許してもらおうとするかもしれません。

その結果、関係が修復されるどころか、さらに悪化する可能性があります。で

すから、浮気を知った時には、一度距離を置いて自分の感情を整理することが大切です。

相手に対する愛情や執着が本当に必要なものなのか、自分自身に問いかけてみましょう。

 

浮気を知った時ににやってしまう失敗の影響と対処法

浮気を知った時ににやってしまう失敗の影響

ここでは浮気を知った時ににやってしまう失敗の影響について紹介します。

 

法的なトラブルに巻き込まれる 

浮気を知った時ににやってしまう失敗の影響として、法的なトラブルに巻き込まれることがあります。

例えば、浮気相手に慰謝料を請求する場合、証拠が不十分だと逆に相手から訴えられる可能性があります。

また、浮気相手に暴力を振るったり、脅迫したりすると、刑事事件に発展する恐れがあります。

さらに、浮気を知った時ににやってしまうと、配偶者や子供に対する信頼や愛情が失われることもあります。

これらの法的なトラブルは、精神的な苦痛や経済的な損失を招くだけでなく、家庭や社会的な関係にも深刻な影響を与えます。

そのため、浮気を知った時には冷静に対処することが大切です

 

社会的な評判や信用を失う 

浮気を知った時ににやってしまう失敗の影響として、社会的な評判や信用を失うことがあります。

浮気を知った時ににやってしまうと、相手に対する不信感や軽蔑感が強くなります。

その結果、相手との関係を修復することが難しくなるだけでなく、周囲の人々からも不快な目で見られる可能性が高まります。

特に、職場や地域社会での信頼関係が重要な場合は、浮気を知った時ににやってしまうことで、自分の評判や信用を大きく損ねることになりかねません。

浮気を知った時ににやってしまうことは、自分の感情をコントロールできないことの表れです。

そのため、自分の感情を冷静に分析し、相手との対話を通じて問題を解決することが必要です。

 

精神的なストレスやトラウマを抱える 

浮気を知った時ににやってしまう失敗の影響として、精神的なストレスやトラウマを抱えることがあります。

浮気をされたことで自分の価値や愛される能力を疑ったり、相手の言動に過敏に反応したり、不安や怒りをコントロールできなくなったりすることがあります。

これらの感情は、日常生活や仕事にも悪影響を及ぼし、心身の健康を損なう可能性があります。

また、浮気をされた経験は、今後の恋愛や人間関係にもトラウマとして残り、信頼やコミュニケーションが困難になることもあります。

浮気を知った時ににやってしまう失敗は、自分自身にも相手にも深刻なダメージを与えることがあるので、注意が必要です。

 
自分や家族の安全が危険にさらされる

浮気を知った時ににやってしまう失敗の影響の中で、最も深刻なものは自分や家族の安全が危険にさらされることです。

浮気相手やその関係者からの暴力や脅迫、ストーカー行為などが起こる可能性があります。

また、浮気相手が性病に感染している場合、それが自分にも伝染する危険性もあります。

これらのリスクを回避するためには、浮気を知った時に冷静に対処することが重要です。

感情的にやってしまうと、相手に不審に思われたり、感情的な行動をとってしまったりすることがあります。

その結果、相手の反発や攻撃を招くことになります。

浮気を知った時には、まず自分の安全を確保することを優先しましょう。

 

浮気を知った時ににやってしまう失敗を避ける対処法

ここでは浮気を知った時ににやってしまう失敗の影響と対処法について紹介します。

 

冷静になって自分の感情をコントロールする

浮気を知った時ににやってしまう失敗を避ける対処法の一つは、冷静になって自分の感情をコントロールすることです。

浮気を知った時には、怒りや悲しみ、不安や嫉妬などの様々な感情が湧き上がりますが、それらに振り回されてしまうと、相手に暴言を吐いたり、暴力をふるったり、自分や周囲の人に危害を及ぼす可能性があります。

 

そうならないためには、まずは深呼吸をして落ち着きを取り戻しましょう。

次に、自分の感情を客観的に分析してみましょう。どうしてこんなに怒っているのか?どうしてこんなに悲しいのか?どうしてこんなに不安なのか?どうしてこんなに嫉妬しているのか?自分の感情の原因や根拠を明確にすることで、感情を理解しやすくなります。

 

そして、自分の感情を表現する方法を考えましょう。

感情を抑え込んだり無視したりすると、ストレスが溜まってしまいます。

感情を適切に表現することで、ストレスを解消し、相手とのコミュニケーションも円滑になります。

感情を表現する方法は人それぞれですが、例えば、日記を書いたり、友人や家族に話したり、カウンセラーに相談したりすることが挙げられます。

浮気を知った時には、冷静になって自分の感情をコントロールすることが大切です。

そうすることで、浮気問題を解決するための第一歩を踏み出すことができます。

 

 
第三者の視点から事実を確認する 

浮気を知った時ににやってしまう失敗を避ける対処法の一つとして、第三者の視点から事実を確認することが挙げられます。

自分のパートナーが浮気しているという疑惑は、感情的になりやすく、客観的な判断ができなくなる可能性があります。

 

そのため、自分だけで決めつけたり、暴力的な行動に出たりするのは避けるべきです。第三者の視点から事実を確認するとは、浮気の証拠を探すことです。

浮気の証拠とは、パートナーの行動や言動に変化があったり、不審なメールや電話があったり、金銭的な問題が発生したりすることです。

これらの証拠を集めるには、プロの探偵に依頼するのが最も効果的です。

 

専門家の助言やサポートを受ける 

浮気を知った時ににやってしまう失敗の一つは、自分だけで解決しようとすることです。しかし、浮気は複雑な問題であり、感情的になりやすい状況です。

そのため、自分だけで対処すると、さらにトラブルを招く可能性があります。

例えば、浮気相手に直接連絡したり、暴力的な行動をとったりすると、法的な問題に巻き込まれる恐れがあります。

また、浮気したパートナーとの関係修復も難しくなります。

 

そこで、浮気を知った時には、専門家の助言やサポートを受けることをおすすめします。

専門家とは、探偵や弁護士、カウンセラーなどのプロフェッショナルのことです。

探偵は、浮気の証拠を確実に集めてくれます。

弁護士は、離婚や慰謝料などの法的な手続きをサポートしてくれます。

カウンセラーは、浮気による心理的なダメージやパートナーとのコミュニケーションの方法を教えてくれます。

 

専門家の助言やサポートを受けることで、浮気を知った時ににやってしまう失敗を避けることができます。

また、自分の権利や利益を守ることができます。

さらに、浮気したパートナーとの関係修復や別れ方もスムーズに進めることができます。

浮気は辛い経験ですが、専門家の助力を得ることで、より良い未来に向かうことができます。

 

 
東京探偵事務所に相談する

浮気を知った時ににやってしまう失敗を避ける対処法の一つとして、東京探偵事務所に相談することがあります。

東京探偵事務所は、浮気調査のプロフェッショナルであり、浮気の証拠を確実に収集することができます。

また、浮気を知った時に感情的になってしまうことを防ぐために、冷静なアドバイスやサポートも提供します。

東京探偵事務所に相談することで、浮気を知った時ににやってしまう失敗を回避し、自分の権利や利益を守ることができます。

東京探偵事務所は、浮気調査の経験豊富な探偵が在籍しており、お客様のニーズに合わせた調査プランを提案します。

浮気を疑っている方は、ぜひ東京探偵事務所にご相談ください。

 

 

浮気を知った時ににやってしまう失敗のまとめ

浮気を知った時ににやってしまう失敗とは、相手に対して感情的になりすぎたり、証拠を揃えずに責めたり、周囲に知られてしまったりすることです。

これらの失敗は、自分の立場を悪くしたり、相手との関係を修復するチャンスを失ったりする可能性があります。

浮気を知った時は、冷静になって自分の望む結果を考えましょう。

そして、浮気の証拠を確実に集めるために、プロの探偵に依頼することをおすすめします。

東京探偵事務所では、浮気調査の経験豊富な探偵が、あなたの悩みに寄り添って最適な調査プランを提案します。

浮気の真実を知りたい方は、ぜひ東京探偵事務所にご相談ください。

 

浮気を知った時ににやってしまう失敗を書いた人

東京探偵事務所 加藤正明

東京探偵事務所
代表 加藤なぎさ

主任の加藤正明と共に、大手都市銀行の裁判資料用の調査と報告書に2万件以上携わり、これらの資料で裁判を全勝に導いてきている実績と、浮気問題に関しても6万人以上の解決実績の持ち主。

高度な調査技術と問題解決のノウハウを提供し、低料金で浮気に悩む方々の問題解決に取り組み、一人でも多くの方が幸せになれるよう、全力でサポート。

 

浮気を知って失敗したくないなら
無料浮気相談から

加藤なぎさ代表と加藤正明主任

加藤なぎさ・加藤正明まで
気軽にご相談ください

お見積り無料

0120-637-888

受付時間:24時間対応

個人のお客様
浮気調査・素行行動調査・婚約者調査・人探し・家出人捜索・母親による子供の連れ去り問題など
法人のお客様
社員調査・企業調査・裁判資料用調査・債務者調査など
対応エリア
千代田区 、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区 、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、青梅市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、国立市、福生市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、羽村市、あきる野市、西東京市、埼玉県、神奈川県、横浜市、千葉県、山梨県、茨木県、および愛知県、岐阜県、三重県、全国

お気軽に
お問合せください

お電話でのお問合せ・ご相談

0120-637-888

<受付時間>
24時間対応

東京探偵事務所

住所

〒104-0061
東京都中央区銀座4丁目14番4号

アクセス

東京メトロ 銀座駅徒歩5分 
東銀座駅徒歩1分

営業時間

24時間対応

弁護士の先生へ

東京探偵事務所は調査技術、撮影技術には絶対の自信があり、これまでも多くの裁判資料の為の調査を承っています。
調査報告書については、相手側より「指摘されない報告書」を作成。


調査が必要な場合が御座いましたら、お客様に負担が少なくなるよう低料金にて対応。

 
ご検討をお願い致します。

東京探偵の報告書

東京探偵の報告書サンプル
裁判でも実証済の報告書


今すぐ画像をクリック

クレジットカード

logo_visa.gif
logo_mastercard.gif
paypay.jpg